校長挨拶





茨城県立日立第一高等学校附属中学校 校長 梶  清史   
      
    

 

 皆さんこんにちは。平成31年4月の定期人事異動で本校に赴任いたしました,校長の梶 清史(かじきよふみ)です。どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、平成24年に茨城県立日立第一高等学校の附属中学校として誕生した,1学年2クラス(80名)の併設型中高一貫校です。
  教育理念「高い志 科学する心 未来を拓く力」のもと,「高い志を持ち,優れた資質と豊かな人間性を備え,社会の発展に貢献する人材を育成する」ことを目標に,科学教育と国際教育に重点を置いた教育活動を展開しています。

 「科学教育」では,開校以来,高校とともに文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け,「探究の方法を学び」,「テーマを決めて探究し」,「まとめ考察する」という「サイエンスリテラシー」の時間を設け,科学的に探究する力やディスカッションする力の育成に努めています。その他にも,課題研究の成果を発表するSSH発表会や,著名な研究者による科学講演会など,様々な取り組みを行っています。
 「国際教育」では,朝の「イングリッシュタイム」で英語活動を行い,英語の運用能力を養うとともに,「グローバルコミュニケーション」では,様々な言語活動をとおしてコミュニケーションスキルの向上を図っています。さらに,3年生ではシンガポール海外研修を行い,実際に学んだ英語を使ってのコミュニケーションや異文化理解など,国際感覚を磨きます。中学3年卒業までに,英語検定準2級の全員合格を目指しています。
 授業は,日立一高と同じ55分授業。十分な時間の中で「主体的・対話的で深い学び」を取り入れ,言語活動の充実を図るとともに,数学や英語では,中高一貫校のメリットを生かした先取り学習を行っています。その結果,この春の高校卒業生(含附属中学校2期生)は,昨年に引き続き東大・京大をはじめとした難関校や,国立大学医学部医学科等にも合格者を出しています。
 さらに,学習面だけではなく,部活動や生徒会活動,学校行事等の活動も大切にしています。昨年度の中学校総体では,軟式野球部やサッカー部をはじめ,多くの部が市内大会を勝ち抜いて県北大会に進み,卓球部は県大会へ出場しました。吹奏楽部も,東関東大会で銀賞を受賞するなど活躍しています。それらの活動をとおして,技能だけではなく,協働する力や相手を思いやる心,最後までやり抜く強い意志力など,リーダーとしての資質や能力を育成していきたいと考えています。
 附属中学校では、生徒の皆さんが「高い志」の下,思う存分、勉学や課外活動に取り組み、将来、日本そして世界のリーダーとして活躍できる資質や能力の基礎を育てていきたいと考えています。今後とも、附属中学校をよろしくお願いいたします。

                                                                        平成314


                
 
 
COUNTER284455

住所

〒317-0063 
茨城県日立市若葉町3丁目15番1号
TEL: 0294-22-6488
FAX: 0294-21-4490
メール : koho@hitachi1-jh.ibk.ed.jp
http://www.hitachi1-jh.ibk.ed.jp 
 

バナーリンク

著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立日立第一高等学校附属中学校